忍者ブログ
Dummy
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年収1000万円の人が毎月自由に使える小遣いは、一体いくらくらいなのだろう・・・
ということがあるサイトに載っていました。
会員制求人サイトを運営する会社の調査によると、「5万円~10万円未満」という答え
がもっとも多く38パーセントだったそうです。続いて「5万円以下」が32パーセント
だったということです。70パーセントが10万未満という結果が出たのですが、ある

会社が行った調査によると、サラリーマンの平均小遣い額が4万600円といわれている
そうです。今は、不景気なために以前よりも減らされている・・・という人も多いはず

です。
「控えめとはいえ、年収1000万円の人の平均小遣い額はサラリーマンの平均よりも

高いことが分かった」とのことです。

また、現在の小遣い額に満足していない人が47パーセントという結果が出ているよう

ですが、理想の金額を聞いたところ「6万円~10万円以下」が43パーセントという

答えが最も多かったそうです。続いて「11万円~20万以下」という答えが29パーセント
でした。

ちなみに、小遣いの使い道で一番多いのは何か・・・の質問に対しては「自分の飲食・嗜好品
購入」という人が多かったそうです。
「年収1000万」と聞くだけで、非常にうらやましく思います。景気の影響で年収が

減ったという人が多い中、私の中では驚きの年収額でした。
一度でいいので、年収1000万という生活をしてみたいものです・・・




話を聞いてみると国際通信社 歴史を中心に扱う情報誌に掲載されていた情報を元に旅行した所、見事に旅行を楽しむこと事が出来たそうです。
この友人には以前、パソコンが開かなくて困っていた事を相談した事があり、友人の知り合いに業者の方が居たので、その方に依頼してパソコンを治してもらった事もありました。
その店内にはザ・ヒューマン 月刊誌と書かれた雑誌や、それ以外にも現代画報社 雑誌が並んでいました。
男性のサラリーマンの方に人気が高かったのは、国際通信社 コマンドマガジンで、休日や空いた時間の暇を潰しには最高の雑誌だということです。
学生時代に趣味で国際ジャーナル 月刊を購読をしていた友人が、雑誌に掲載されている会社に就職しました。
友人が、勉強してみると良いと勧めてくれたそうです。
当時、女性なら誰もが気になるシミやシワについて悩んでいた友人は国際ジャーナル 医療の記事で知識を得る事が出来て満足したそうです。
以前の話に成りますが、国際ジャーナル 企業について気になり始めた頃、どういったものなのかを個人で調べ実際に雑誌を購入した事があります。
ホームページ作成 大阪業者を探しているとのことでした。
スクール内に通う方に普段はどのような施設を利用するのか訪ねた所、その方はよく利用すると話していたそうです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
design[dot×dot]
忍者ブログ [PR]